西岡社会保険労務士事務所
   〒252-0306 相模原市南区栄町14-18
   (TEL)080-1011-8331

 労働保険・社会保険の手続きはお任せ下さい。





 
トップページ 労働・社会保険 人事・労務の管理 助成金の申請 労務相談の事例 料金のご案内 お問合せ・会社案内
 

 労働・社会保険の手続き

 手続きのアウトソーシングによるメリット

従業員を雇用することにより、様々な事務手続きが発生します。

入社や退社、出産・介護休暇に伴う労働・社会保険の各種手続きなど、従業員一人一人についてその都度必要な手続きと、給与の支給のように従業員全員を対象に一斉に行う手続きがあります。どちらも一定の知識が必要で、かつ相当な時間と労力が必要です。

 労働保険の手続き(厚労省HP)はコチラ→
 社会保険の手続き(日本年金機構HP)はコチラ→


そのため、本業で忙しい社長、あるいはベテランの有能な従業員が、 その事務に追われている、というのが、多くの中小企業の現実です。

もし事務手続きを、専門家に安価にアウトソーシングすれば、社長は煩わしい業務から解放され本業に専念でき、また有能な従業員がより生産的な活動に携わることにより、経費削減もできます。

また人材の確保が益々難しくなる中、アウトソーシングにより従業員を効率的に活用することで、社内を活性化することこそが、「働き方改革」であり、採用や退社防止に効果的な人材確保対策であると言っていいでしょう。


 労働・社会保険の具体的な手続き

従業員を採用すればまず必要なのが、労働保険(雇用保険、労災保険)と社会保険(健康保険、厚生年金保険)への加入手続です。

退職時には、それぞれについて脱退手続も必要となります。

また採用から退社までの間には、例えば、出産する従業員がいれば、 産休・育休それぞれについて取得申請・終了届・報酬月額変更届(各 種特例に該当すればその申請)など、結構な手続きが発生します。

他にも年1回ですがかなりの労力を要する手続きもあります。

(例1)労働保険(雇用保険、労災保険)の年度更新
  前年度の労働保険料を精算し、新年度の概算保険料を計算・申告・納付します。

(例2)社会保険(健康保険、厚生年金保険)の算定基礎届
  7/1日現在の従業員に対し、4-6月に支払った賃金を届出。  
  届出を基に、社会保険料・傷病手当金・将来の年金額を計算。 


 労働・社会保険で「従業員に安心と信頼を」

そのため「手続きがよくわからない」「煩雑で時間が取れない」などを理由に(または会社の保険料負担を避けるため)、労働保険・社会保険への加入を避けたり、手続きが滞る会社も散見されます。

労働保険・社会保険に加入拒否は法令違反となりますし、そもそも両制度は、病気・けが・出産・介護・失業などの従業員の「もしも」の時に備えるもので、会社の都合で未加入になることなど、あってはならないことです。

逆に言えば、会社は労働保険・社会保険に加入し、きちんと手続してることで、従業員は安心して仕事に専念できるのですから、社内研修等で従業員の方々に対し、会社がどれだけ負担し、それにより従業員自身がどれだけの保障を受けられるかをもっとアピールしてもいいと思います。

「恩着せがましくて嫌だ」と感じる社長も居られるかもしれませんが多くの従業員は制度に詳しくなく、また知らないことで不安を感じているものです。



Copyright © 2019 西岡社会保険労務士事務所 All rights reserved.
by 西岡社会保険労務士事務所